8月25日(日)の活動 追い出しデイキャンプ

今回は、桐生キャンプ場にて、追い出しデイキャンプを行いました。
この活動が今年度最後の活動となり、最上学年のビッグビーバー5名は、みんなカブ隊へ上進します。
ビーバー隊を追い出す というわけで、追い出しデイキャンプです。

あいにくの雨の中、9時に桐生キャンプ場に集合し、はじまりのセレモニー。
ブルーシートを張ってタープにして、その下で活動です。

RIMG0049.jpg

さあ、最初の活動は水鉄砲作り!
まず、竹を節の横で切ります。
隊長からのこぎりの使い方の説明を受け、スカウトが自分で切ります!
エイッ! エイッ!

RIMG0058.jpg

次に、ピストンになる棒を切ります。
竹の中に棒を挿し、竹の長さより5cmくらい長いところで切ります。

RIMG0062.jpg

その後、切った棒にスキマテープを巻いて、竹の中に挿し、抜いてみます。
ポンッと鳴ったらOK
あとは、竹の先にキリで穴を開けて完成。

早速、水を飛ばしてみよう!

RIMG0093.jpg

的に向かって、みんなでせーの!
もう、みんな夢中です。

RIMG0083.jpg

11時、カブ隊が準備してくれた流しそうめんに舌鼓!

流れが早いと、取るのが大変。
でも、冷たくておいしい!!

RIMG0112.jpg

RIMG0120.jpg

カブ隊へのお返しに、フルーツポンチを作ります。
今回は白玉入り!

まず、白玉を作ります。
白玉粉をボウルへ入れ、水を少しずつ加えながら手でこねます。

RIMG0124.jpg

なんか、みんなこねているのか、粘土遊びでもしているのかわからなくなってきました。
でも楽しそうです。

RIMG0132.jpg

こねたら、丸めてお湯へドボン!

IMG_3536.jpg

白玉ができたら、次はフルーツ缶を缶切りで開けて、ボウルへ投入。

RIMG0141.jpg

RIMG0149.jpg

次に、サイダーを投入して完成!

RIMG0153.jpg

カブ隊とビーバー隊で取り分けて食す!

IMG_3548.jpg

RIMG0155.jpg

カブ隊が準備してくれたスイカにもかぶりつきます。

RIMG0156.jpg

楽しかった活動もあと少し。
今年度最後のセレモニーです。

正装し、敬礼!

RIMG0159.jpg

いつもの様に、リボン章(3ヶ月の皆勤賞)、小枝章(修得科目10個集めたらもらえる章)の授与。

そして、今回は年度の最後なので、1年間の皆勤賞。 今年は二人です!

最後に、ビーバー隊を卒業するスカウト5人に卒業記念品の授与です。
みんなステンレスカップをもらって、敬礼!

RIMG0179.jpg

セレモニーの最後は、追い出しのセレモニー。保護者・指導者で作ったトンネルをくぐって、
おめでとう!!

RIMG0186.jpg

これで、今年度のビーバー隊の活動は終了です。
カブ隊へ上がってもみんな頑張って楽しく活動してください!

今回は、雨の中の活動となり、水遊びは中止しましたが、みんな元気に楽しく活動できました。
雨の中の活動もいいものです。

9月からは学年が変わります。
また、新しいメンバーで楽しく活動をしていきたいと思います!

8月18日(日)の活動 船幸祭後の清掃活動

今回は、8月17日に催された建部大社のお祭 船幸祭の後の清掃活動を行いました。
盆休み期間であることより、毎年この活動は任意参加としています。
暑いなかですが、スカウト2人と副長2人、それに隊長の5名で活動しました。
そして、カブ隊とボーイ隊も同様に清掃活動をしました。

朝8時に唐橋の中洲にあるアープしがの駐車場へ集合です。
敬礼!

20130818#1

早速、ビニール袋と火ばさみを持ってゴミ拾い。
中洲を川に沿って歩いてゴミを拾います。

20130818#2

1時間弱の間、がんばってゴミ拾いをしました。
たくさんのゴミを拾いました。
例年、少しずつゴミが減っているような気がします。
良いことですね!

頑張ったみんなに、冷たいジュースです!

20130818#3

最後に終わりのセレモニーをして、解散です。

20130818#4

今年も暑い中でしたが、元気に清掃活動ができました。
このような活動も、行うことにより学ぶ良い機会になります。

【番外編】 8月2日(金)~5日(月)の活動 上高地トレッキング

今回は、団の有志で行いました「上高地周辺のトレッキング」です。
ビーバー隊からは、隊長と副長のみの参加でしたが、番外編としてUPします。

参加者:
大人8名、小学生6名(1年生~6年生)

-------------------
ルート説明:

上高地地図小

1日目(8月2日)
22時 大津を出発⇒高山近くの清見の道の駅で朝まで仮眠

2日目(8月3日)
道の駅⇒平湯あかんだな駐車場⇒バスにて上高地バスターミナル⇒田代池周辺まで軽くトレッキング⇒徳沢園までトレッキング⇒徳沢園にて宿泊(舎営andテント泊)

3日目(8月4日)
徳沢園を出発⇒横尾山荘⇒涸沢⇒横尾山荘⇒徳沢園にて宿泊(舎営andテント泊)

4日目(8月5日)
徳沢園を出発⇒明神⇒嘉門次小屋で岩魚を食す⇒河童橋⇒おみやげゲット⇒バスにて平湯あかんだな駐車場⇒車で帰宅

-------------------

2日目(8月3日)
平湯のあかんだな駐車場より、バスにて上高地へ入ります。
最初に見えてくるのは、大正池!

DSC00549.jpg

そして、バスは上高地バスターミナルへ到着

DSC00550.jpg

バスターミナル横の荷物預かり所に大きな荷物を預けて、田代池まで歩きます。

DSC00553.jpg

梓川河畔に出ると、目の前には絶景が!
川の向こうには穂高連峰です。
右から、明神岳、前穂高岳、奥穂高岳、西穂高岳。

DSC00554.jpg

DSC00560.jpg

一路、田代池方面へ川沿いを歩きます。
途中、梅花藻らしき藻が生えている川がありました。
水がすごくきれいです。

DSC00564.jpg

梓川は水がエメラルドグリーンです。
これまたきれい!

DSC00565.jpg

途中、ウグイスも鳴いていました。
色が茶色いですが・・・。

DSC00566.jpg

30分ちょっとで、田代湿原まで来ました。
ここからも穂高連峰がきれいです。

DSC00575.jpg

DSC00576.jpg

更に少し進むと、田代池です。
水が冷たくて気持ち良い。
水をジャブジャブ歩くと気持ちよさそう!!

DSC00577.jpg

ここで折り返して、梓川の右岸を上がって、河童橋方面へ戻ります。
途中、焼岳がきれいに見えていました。

DSC00578.jpg

川の向こう側には、六百山が見えています。

DSC00581.jpg

しばらく歩くと、有名なウエストン碑です。

DSC00583.jpg

DSC00584.jpg

そのまま川の右岸を川上に向かって歩きます。
勾配もほとんど無いので快適な”散歩”です。

DSC00585.jpg

河童橋が近づいてきたところで、テーブルを見つけて、昼食を取りました。
持参してきた弁当やおにぎりを食べて、これからの本番に備えます。

DSC00588.jpg

少し歩くと、すぐに河童橋に着きました。

DSC00589.jpg

河童橋のバックには、穂高連峰です。だいぶ雲がかかってきました。

DSC00597.jpg

荷物を荷物預かり所で受取り、いよいよ本番の出発です。

DSC00598.jpg

カブ隊隊長の注意事項の説明をうけて、これから徳沢園へ向かいます。

DSC00604.jpg

往路は、梓川の左岸を歩きます。
少しいくと、まもなく小梨平野営場がありました。
木立の中の快適なキャンプが出来そうです。
バスターミナルからも近いので、重い荷物を背負って歩く距離も短くて済みます。
実は、筆者は野営(テント泊)なので、リュックの中にはテント等一式も入っており、少し重い(20kg強)です。
若干の羨ましい気持ちを持ちながら通過です。

DSC00605.jpg

30分ほど歩いたところで休憩です。
川の向こう側に明神岳がそびえています。
雄大です。
みんな、石投げをしています。
流れが激しいですが、意外とうまく跳ねます。

DSC00608.jpg

更に30分ほど歩くと、明神館に到着しました。
ここは、川を渡ると、穂高神社や明神池の方へ行けます。

DSC00612.jpg

明神館からは、徳沢園方面へ左岸を直進します。
15分ほど歩くと、底から水が湧き出ている神秘的な古池へ到着。

DSC00615.jpg

さらに30分ほど歩いたところで、急に河原にでます。
ここで休憩。
石を川に並べて、石の橋を作りました。
正面には明神岳の雄大な景観です。

DSC00619.jpg

DSC00620.jpg

徳沢園まではもう一息です。
再出発して程なく、キャンプ場が見えて来ました。
徳沢園のキャンプ場です。

草地で開放的なキャンプ場は、快適なキャンプが出来そうです。
筆者の今日の野営地はここです。

DSC00622.jpg

そのまま数分歩くと、建物が見えて来ました。
ここが徳沢園です。今日の宿です。
聞くところによると、井上靖の「氷壁」に登場する山の宿だそうです。

DSC00623.jpg

DSC00624.jpg

舎営、野営それぞれ、チェックインを済ませ、野営組は設営です。
後で聞きましたが、徳沢園は、ホテルと言っても良いくらいの快適さで、山の中でこんなのいいの?って感じだそうです!

DSC00625.jpg

そして食事!
今回の主催者 カブ隊隊長と、私ビーバー隊隊長の二人で野外ミニ宴会です!

DSC00628.jpg

DSC00627.jpg

暗くなってからも、二人で雑談していると、高校生の女の子が、「スイカ食べてくれませんか?」と!
部活で来ていて、スイカ割りをしたが、食べきれないので、周囲の人に配っているそう。
ラッキーである。
甘いスイカを頂いて、気分よく、就寝です。
8時半くらいには寝ていたかな?


3日目(8月4日)
6時前に起床!
しかし、周囲は既に活動を始めており、山の活動開始時間の速さに改めて驚く。
朝食の準備をしながら、テントの周りを歩いていると、明神岳が見えることに気がついた!
森の木々の向こう側に明神岳がそびえている!

DSC00630.jpg

7:00集合
いよいよ、今回のクライマックス。涸沢へ向かいます。

DSC00636.jpg

横尾までは比較的勾配は緩やかで、時々UP・DOWNがある程度。
快適なトレッキングが続きます。

DSC00640.jpg

30分ほど歩いたところで休憩です。
ここも明神岳が正面に!
明神岳を回りこむ様に流れている川に沿って歩いているので、ずっと明神岳が左手に見えています。

DSC00641.jpg

途中に咲いていた花々です。

DSC00601.jpg

DSC00646.jpg

DSC00647.jpg

休憩地点から、30分ほど歩くと、横尾山荘到着です。
ここは、槍ヶ岳方面と、涸沢方面の分岐点で、一大拠点となっているようです。
大勢の人が居ます。

ここで、横尾山荘に宿泊していた人と合流し、いよいよ涸沢へ向かいます。
ここからは勾配がきつくなり、高低差約500mを登っていきます。

DSC00649.jpg

さあ、出発です。橋を渡って行きます。

DSC00648.jpg

道は急に狭くなり、下っている人と道を譲りながらの登山です。

DSC00658.jpg

DSC00660.jpg

しばらく歩くと、左手に大きな絶壁が見えて来ました。
屏風岩です。

DSC00662.jpg

徳沢園から1時間ほど歩くと、本谷橋へ到着しました。
楽しく揺れる吊り橋を渡ったところで休憩です。

DSC00664.jpg

DSC00666.jpg

DSC00667.jpg

子どもたちは元気です!
ここまで登ってきた疲れも見せず、吊り橋を何度も渡って楽しんでいます。

DSC00671.jpg

本谷橋からは、更に勾配がきつくなります。
足場も岩の連続となり、体力的にキツくなってきます。
雨が降っていると、滑りやすくなり、注意が必要になりそうですが、ラッキーなことに雨は降らずに済んでいます。

本谷橋から1時間ほど登ると、遠くに涸沢が見えて来ました。
カラフルなテントも見えます。
この涸沢が見えたポイントで休憩です。

DSC00672.jpg

DSC00673.jpg

DSC00675.jpg

もう一息!っということで、再び登り始めると、雪渓が目の前に見えて来ました。

DSC00676.jpg

雪渓を慎重に登ります。
雪渓で足をすべらせると、下まで止まらないかもしれません。
途中からは、ロープをみんなで持って、子どもが滑っても大人が支えるようにして上がりました。

DSC00677.jpg

もう一息です。

DSC00678.jpg

涸沢到着!
みんな涸沢ヒュッテのテラスで休憩・昼食!
パンやおにぎりと、お湯を沸かして、ミニチキンラーメンを食べました。

本当に気持ち良いところです!
いつまでも居たい感じです。

DSC00680.jpg

ここは、標高2100mくらいのところです。
背後の山は、奥穂高。3000メートル以上です。

DSC00681.jpg

DSC00682.jpg

ここで、穂高アタック組と、涸沢ピストン組にわかれます。
穂高アタック組は、背後の急斜面を登って、山頂付近の補高岳山荘を目指します。
私達涸沢ピストン組は、来た道を引き返します。

出発してまもなく、難所の雪渓です。
滑らないよう、各自でトレッキングポールを雪に挿しながら進みます。

DSC00689.jpg

雪渓を超えたところです。

DSC00687.jpg

途中はこんな場所もあります。

DSC00690.jpg

横尾山荘まで戻って来ました。
既に18時前です。
みんな疲れていますが、もう一息頑張ります。

DSC00693.jpg

40分ほどで、横尾山荘から徳沢園まで戻って来ました。
早かったです。
みんな良く頑張りました!!
この日の歩行距離は、約27km!
高低差は、約600mです。
朝7時に出発して、19時に帰ってきたので、約12時間歩いていました!!
ほんとうに、良く頑張りました!!!

舎営の人は、19時からの食事にギリギリ間に合いました。
ゆっくりと休んでください。

DSC00694.jpg

野営は、筆者一人となりました。
早速、食事の準備を始めたのですが、急に降り始めた雨のため、急遽ブルーシートとトレッキングポールを使ってタープを作りました。ここで夕食です。
いろいろあったので、食事が終わったら21時くらいになっていました。

その後はすぐに寝てしまいました。


4日目(8月5日)
朝、6時半に起床です。
今日は、上高地バスターミナルへ戻るだけなので、ゆっくりの出発のため、少しゆっくり寝ました。

DSC00695.jpg

雨模様のため、山は見えません。

DSC00698.jpg

雨が降る中、河童橋へ向かって出発です。
一路明神館を目指します。

DSC00699.jpg

約1時間ほど歩いて、明神館に到着しました。
往路は途中で1回休憩をしましたが、雨が降っていることもあり、休憩できる場所が無いので、休憩なしでみんな歩きました。
昨日の歩行距離を考えたら、これくらい短いのかな?

DSC00702.jpg

少し休憩した後、ここからは梓川の右岸を下ります。
穂高神社の方へ曲がって、明神橋を渡ります。

DSC00706.jpg

DSC00708.jpg

橋を渡りきり、少し河畔を下ったところの嘉門次小屋へ寄り、昼食を取りました。
ここの名物は岩魚の塩焼き!
早速注文です。

DSC00718.jpg

料理が届くのを待っていると、すぐ横の池で岩魚をさばき始めました。
まず、頭をたたいてしめ、内蔵を取り出し、串を挿す。
手際が良いです。

DSC00709.jpg

DSC00711.jpg

DSC00712.jpg

岩魚が来ました!

DSC00715.jpg

DSC00716.jpg

岩魚の頭部分を既に食べてしまっていますが、岩魚の塩焼き定食の全貌です。

DSC00717.jpg

これまでに食べた岩魚で一番美味いのでは?
と思うくらい美味かったです!

お腹も満たされたところで、雨も小ぶりになりました。
再出発です。

嘉門次小屋を出たところに池があったのですが、岩魚が泳いでいました。
これは天然の岩魚かな?

岩魚を覗きこむスカウト

DSC00719.jpg

草の影に岩魚

DSC00720.jpg

そこから、少し奥へ行ったところに明神池があります。
穂高神社の一部で、参拝料300円を払って入ります。

なんと幻想的な光景!
雨模様がつくった素晴らしい景色です。
モヤが水面近くを這い、幻想的です。

DSC00729.jpg

明神池から左奥へ入ったところにもう一つ池があります。
「明神ニノ池」と書かれています。
奥のほうで先ほどの池とつながっている様です。

DSC00736.jpg

さあ、みちくさはこの辺にして、河童橋を目指します。
梓川の右岸は、左岸と違い、湿原が続きます。
木道を一列になって歩きます。
気持ち良いです。

途中、何箇所か沢を渡ります。
勢い良く流れる沢もあれば、ゆっくりと流れる沢もあります。

これぞ森林浴っという感じです。
雨もほぼ上がり、快適なトレッキングです。

DSC00748.jpg

DSC00754.jpg

DSC00755.jpg

DSC00762.jpg

DSC00763.jpg

DSC00764.jpg

岳沢湿原です。
奥に六百山が見えています。
綺麗です。

DSC00767.jpg

道中に咲いていた花です。

DSC00766.jpg

明神池から約1時間、ゴールの河童橋へ到着!!!
ここで、残念ながら穂高アタックを途中で断念し、先に河童橋まで戻っていたアタック隊と合流です。
ここまで、総歩行距離40数km。総高低差約650m!!
1年生も完歩しました!

完歩記念!

DSC00774.jpg

河童橋横のお店でおみやげを購入し、バスターミナルへ
そこで、みんなでソフトクリームをほおばりました。
筆者は「チーズあんどミルク」。 たくさん歩いた自分へのご褒美です。
体重が気になりますが・・・。

DSC00777.jpg

ソフトクリームを食べて、元気が出たところで、あかんだな駐車場行きのバスを待ちます。

DSC00779.jpg

バスに乗って、上高地と最後のお別れです。
大正池を後ろを振り向きながら、

DSC00781.jpg

この後、平湯で温泉に浸かり、汗を流して、帰路につきました。

みんな、本当に頑張って歩きました! (何回このフレーズ書いた?・・・)
保護者の皆さまも、大きな荷物を背負い歩きました。
しかし、この達成感は頑張ったからこそだと思います。
これからも、スカウト活動では、このような体験をどんどんしていきたいと思います!
プロフィール

MFのおやじ

Author:MFのおやじ
ボーイスカウト大津第21団 カブ隊・ビーバー隊のページへようこそ!

滋賀県大津市の建部大社を拠点として活動しています。
体験入隊 随時受け付けています。

♪♪来てくれたひと♪♪
最新記事
カテゴリ
リンク
お問い合わせフォーム
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR